交通事故や後遺障害のご相談なら、無料で相談ができる弁護士法人アルファ総合法律事務所(所沢・新宿・国分寺)へ。交通事故の解決実績多数。

後遺障害の等級認定サポートをしてほしい!

  • HOME »
  • 後遺障害の等級認定サポートをしてほしい!

後遺障害の等級認定のポイント

事前認定、もしくは被害者請求において損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所に書類を提出し、等級認定を受けることとなります
後遺障害の申請手続と認定の流れについてはこちら

ここで行われる「後遺障害の等級認定」は、医師が被害者の話を細かく聞きながら判断するわけではなく、用意された書面を徹底的に審査にかけて行われる「書面審査」です。

【ポイント】
「後遺障害の等級認定」は「徹底した書面審査」によって決められる

上記の通り、適切な後遺障害の等級を得るためには、「書面」の準備が非常に重要なので、任意保険会社に一括対応してもらう「事前認定」の手続きは、被害者の不利になる書面が提出される可能性があるため、あまりお勧めできません。

やはり被害者自身で、もしくは弁護士を代理人につけて、

・事故から症状固定までの通院状況
・受けた治療の一貫性
・医師による適切な他覚所見の確保

などが証明できる書面を用意し、医師に診断書を書いてもらい、後遺障害診断書の記載内容を確認することが極めて重要です。

治療段階から後遺障害の等級認定をサポートします

適切な後遺障害の等級認定を受けるためには、治療開始の段階から

・事故直後からの入通院状況(日数など)
・病院における治療の受け方
・医師にチェックしてもらうべきことの確認
・後遺障害診断書に記載されている内容

について、各段階でしっかりチェックをし、万全の体制で後遺障害の等級認定の申請を行うことが大変重要となります。

しかし、上記について保険会社に任せてしまうと不利になる場合もございますし、かといってご自身のみで行っていくのも困難です。

当事務所では、事故直後の治療段階から交通事故被害者のサポートを行い、上記の各点についてアドバイスを行いながら、適切な後遺障害等級の獲得を二人三脚で目指します。

保険会社による事前認定や、経験の少ない弁護士事務所ではできないようなきめ細やかなチェックを行うことで、少しでも被害者救済に役立てるように努めています。

まずはお気軽に無料相談をご活用ください。
⇒無料法律相談についてはこちら

後遺障害等級が認定された後の異議申立も対応します

当事務所では、後遺障害の等級認定がなされたあとも、その等級認定が正しいかどうか、弁護士が必ず検討するようにしています。

そして検討の結果、やはり適切な後遺障害等級ではないと考えられるような場合には、ご依頼者様と相談をし、ご希望に応じて異議申立を行い、より高い後遺障害の等級認定獲得に努めます。

場合によっては、弁護士から医師にアプローチし、保険会社に提出するための意見書も作成してもらいます。

当事務所では、異議申立の際に、医師の意見書もつけて保険会社に提出することで、認定を覆してより高い後遺障害等級を獲得した案件も数多くございます。
異議申し立ての詳細について

後遺障害等級認定サポートまとめ

当事務所の後遺障害等級認定サポートにおいては

①通院治療状況の確認とアドバイス
②病院での治療の受け方の指導
③提出前の後遺障害診断書の事前チェック
④自賠責に後遺障害等級認定の申請
⑤不服がある場合には異議申立

を行い、被害者救済に尽力しております。

交通事故は所沢・国分寺・新宿の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード
  • facebook

交通事故対応エリア

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平等

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 後遺障害の等級認定サポートをしてほしい!のページ
Top