交通事故や後遺障害のご相談なら、無料で相談ができる弁護士法人アルファ総合法律事務所(所沢・新宿・国分寺)へ。交通事故の解決実績多数。

お金を請求できる人

通常、お金を請求できる人

交通事故が起きた場合に、損害賠償の請求ができる人のことを「賠償求権者」といいます。

交通事故案件の賠償求権者(例)は

・傷害事故の場合
原則として、事故被害者本人(未成年者のときは親権者である両親、又は後見人)

・死亡事故の場合
被害者の相続人(損害賠償請求権を相続するため)

相続人としてあげられるのは

・配偶者(夫もしくは妻)
・被害者の子(胎児を含む)
・子がいないときは父母
・父母もいないときは祖父母さらに兄弟姉妹

となります。

慰謝料の請求ができる人

事故による被害者の死亡によって精神的苦痛を受けたことにより、慰謝料の請求ができる人は、原則として、

・配偶者(夫もしくは妻)
・被害者の子(胎児を含む)
・父母

となります。

その他の立替金など

被害者の治療費や葬儀費については、通常は配偶者や父母が負担することとなります。

しかし配偶者や父母以外であっても、治療費や葬儀費用を立て替えた人は、負担した金額について請求することが可能です。

交通事故は所沢・国分寺・新宿の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード
  • facebook

交通事故対応エリア

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平等

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» お金を請求できる人のページ
Top