飲酒運転について

 飲酒運転は、絶対に許されるものではありません。これまでにも悲惨な事故が数多く発生しており、法律も社会的な批判の高まりを受け、厳罰の方向へと改正がなされてきました。

 今回は「飲酒運転」を取り巻く法律上の責任をお話ししたいと思います。
 

刑事罰

 飲酒運転が許されないことは当たり前ですが、運転者だけではなく、飲酒をした者に車両を提供した者も、飲酒運転者と同じ刑事罰が科されます(酒酔い運転であれば、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金)。

 また、飲酒運転となる恐れがある者(車で来店した客など)に種類を提供した者や、運転者が飲酒していることを知りながら乗せてもらうよう依頼した同乗者も、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。
  

民法上の賠償責任

 運転者以外の者も、民法の共同不法行為責任を負うことがあります。具体的には、飲酒運転を制止すべき注意義務を行わなかった場合に、運転者と一緒に事故の賠償責任が認められます。
 
 これまでにも、

①飲酒運転をすることが分かっていながらお酒を提供して飲酒を勧め、運転者が酔ってふらつきながら運転することを止めなかった場合

②飲酒運転者と長時間にわたって飲酒を共にし、正常な運転ができない程度と認識しながら、自ら代行運転を頼むことなく、一緒にいた他の酔った仲間に代行運転を呼ぶようお願いしただけで、飲酒運転者を駐車場に残して自分は帰った場合

などが裁判例であります。

さいごに

 飲酒運転の事故件数は減ってきてはいますが、なくなることはありません。

 飲酒運転を撲滅させるためにも、飲んだら運転しない、飲んだら運転させないことも、とても大切です。法律もこれを後押ししています。