物的損害の慰謝料(精神的損害賠償)

 スーパーで買い物をしていたところ、駐車していた自車がぶつけられていたような場合を想定してください。

 このような場合、車の修理代金もしくは車両の時価額のいずれか低い方を加害者に請求することができます。

 もっとも、被害者にとってみれば、修理の手間がかかるだけでなく、大切にしていた車を傷つけられ、とても嫌な思いをしたと思います。

 そのため、怪我はしていなくても、車両損害のような物損について慰謝料請求をしたい気持ちになることも、自然な感情といえるでしょう。

理屈上の話

 この点について、民法710条によると、「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、(中略)財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない」と規定されております。

 この規定をみる限り、物的損害についても、請求できそうですね。

実際の話

 ところが、過去の裁判例を見ると、物的損害について慰謝料請求が認められているケースは極めて稀です。

 これは、物的損害について適正な賠償を得られれば、それに伴う精神的損害についても賄われたはずだ、という考えが根底にあるためです。

 物的損害について慰謝料が認められるケースは、親の形見であったり、動物であたりと、かなり限定されている場合のみです。

 このように、現在の裁判実務においては、被害者の被害回復という点では、まだまだ改善していかなければならないことが多くあります。